ジョニーがゆく.com

昭和32年生まれのオヤジっす⚾️ カープ・竜馬・サザン・上杉謙信のファンで一人旅を 愛する男が、徒然に書いたブログです。

出向

メーカーと下請け

投稿日:2017-04-29 更新日:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 

 こんにちは、ジョニーです。

 

 今回は、 『メーカーと下請け』
について、書きたいと思います。
 
 取っつきにくいと思うので、
業界の事を 分かりやすく
書いていきます。
 

金属加工業

 
 σ(^^)のいる業界は、金属加工業で、
工作機械で 素材(主に金属)を
図面通りに加工し、メーカー又は、
親会社に納入するという業界です。
 
(日本工業大学のHPより)
だいたいこのような感じです。
 
 20歳で、工業高専を 卒業して、
ほとんどを この業界で、
過ごして来ました。
 

階層

 
 まず、メーカーが、 あります。
 車でいえば、トヨタなんかが、
そうですね。
 
 そこに、部品・製品(部品の集合体)を 
納入している『下請け』。
 
 さらに、『下請け』に 部品を 
納入している『孫請け』。
 
 場合によっては、『孫請け』に
納入している『ひ孫請け』が、
あります。
  

σ(^^)の所属

 
 メーカーを 仮にA社と名付けます。
 
 名前を 出せばほとんどの人が、
知っていて、従業員数万人、
国内外に 事業部・工場のある
一部上場会社です。
 
 実際は、A社のある事業部
(1000人近くの従業員が、いた。)
と σ(^^)のいた会社は、直接
取引していました。
 
 下請けとしては、ピンキリの
キリの近く、従業員二十数人の
会社で、香川県に 工場があり、
本社が、大阪市にありました。
世間的には、『小企業』です。
 
 仮に、B社と名付けます。
 

下請けのピンのC社

 
 ここは、A社の下請けでも
ピンで、従業員も二百数十名いて、
工場も、4つあり 世間でいう
『中企業』です。
 
 A社に 部品だけでなく
製品も 納入していました。
 
 製品に、A社のラベルを 貼り、
A社製品』として、市場にだすのです。
 
 ちなみに、σ(^^)のいたB社は、
部品のみの納入でした。
 
 
 

コストダウン

 
 メーカーの常として、一般的に、
下請けに トータルで、毎年、
数%のコストダウンが、あります。
 
 要請という名の強制です。(苦笑)
 
 俗にいう『乾いたタオルを
絞る』というやつです。
 
 ただ、これまでは、景気の波は、
あっても、おおむね景気は、
拡大してきて、下請けとしては、
コストダウン分を 受注の拡大で、
凌いできて 成り立ってきたわけです。
 

★A社C社の対立

 
 当然 σ(^^)のいたとB社C社
にも 毎年要請が、ありました。
 
 ところが、C社は、A社に納入
している製品Xについて、頑として、
コストダウンを 受け付けませんでした。
 
(この製品Xは、メーカーA社
設計部長の設計で、特許を
保有しており 他のメーカーでは、
作れない。)
 
 理由は、この製品は、高度な
加工技術で作られており、
他では、作れないだろうと
強気に出たわけです。
 
 当然、メーカーは、他の下請けに
発注すべく、試作の依頼をしたのですが、
依頼を受けた他の下請けは、みな辞退。
 
 メーカーA社事業部の工場で、
作ることも 検討されたが、
製造担当者が、難色を示したそうです。
 
 そうこうしているうちに
市場価格と逆ザヤになってきたそうです。
 
 車を 例にすれば、判りやすいですが、
最初は、高値の花だったのが、
段々価格が、下がってきて、
一般の人でも、買えるように
なってきました。
 
 製造に掛かる費用は、下がらずに
メーカーは、車は、売れるのに
赤字という現象です。
 

σ(^^)のいるのB社の専務の野望(?)

 
 σ(^^)のいたB社の専務は、この話を 
聞きつけ、メーカーA社事業部の
資材購買部の担当者に、試作を 
申し出ました。
 
 (当初は、σ(^^)のいたB社は、
論外でした。)
 
 どうやら、専務には、部品加工会社
から、製品を作れる会社にする野望が、
あったみたいです。(苦笑)
 

結果は・・・

 
 結論から言うと作ることが
出来たのです。
 
 まず、製品Xの図面を 検討した結果、
部品については、作ることが、可能。
 
 難物は、σ(^^)の担当している
製品本体の加工精度でした。
 
 この精度の高さに、他の下請けは、
尻込みして、辞退したのだと
思いました。
 

新しい加工技術

 
 図面を見ていて、以前読んだ雑誌の
機械技術の記事を 思い出したのです。
 
 その記事は、ある刃具メーカが、
開発した刃具を 使って加工すれば
精度が、格段にアップするという
内容でした。
 
 舞台は、自動車メーカーの
加工工場でした。
 
 さっそく、雑誌のバックナンバーから、
刃具メーカーに電話し、その刃具を
取り寄せて、使ってみると あっけなく
図面の加工精度クリアー・・・(^^)v
 
 他の部品と組み合わせて
製品X』として完成品にして、
メーカーA社に持ち込んで、
性能試験を すると、これも
クリアー・・・(^^)v
 

下請けの悲哀

σ(^^)の所属するB社

 この『製品X』は、国内はもとより、
北米・アジアにも輸出されていて、
10,000台ぐらいの注文があり、
そのうちの2000台を 作ってほしいとの
メーカーの要望。
 
 その設備投資の資金調達が、厳しく、
それ以上に 地方にある工場なので、
人員の確保が、最大の難点。
 
 泣く泣く新規設備の規模を 縮小して
だいぶ少ない注文数を 目標に 量産を
スタートしました。
 

コストダウンを 拒否していたC社

 
 自社でしか作れないというのが、
なくなり、メーカーから、
大幅なコストダウンを 要求され、
受けざるを 得なくなった。
 
 可哀そう。・・・(^_^;)
 
 では、今日は、この辺で
・・・(^_^)/~

 

スポンサードリンク

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Pocket
LINEで送る

-出向

執筆者:

関連記事

役付きの人達との宴席は・・・(^^ゞ

 今回は、 『役付きの人達との宴席は・・・(^^ゞ』
について、書きたいと思います。

急に、モテだした(男に)・・・(笑)

 今回は、 『急に、モテだした(男に)・・・(笑)』
について、書きたいと思います。

歓迎の宴には、続きが・・・(^^ゞ

 今回は、 『歓迎の宴には、続きが・・・(^^ゞ』
について、書きたいと思います。

充実した日々(仕事上で)・・・(^^ゞ

今回は、 『充実した日々(仕事上で)』
について、書きたいと思います。

メーカーへの出向は、天国だった(本編1)・・・(^^ゞ

 今回は、 『メーカーへの出向は、天国だった(本編1)』について、
書きたいと思います。

プロフィール

 名前 ジョニー岡山
(本名は、ダサい・・・(^_^;))
 ・S32年6月生まれ。
 ・27歳まで、大阪市福島区に居住。
 ・27歳で、香川県に移住。
 ・47歳で、岡山県に移住、
現在に至る。

ブログをメールで配信

メールアドレスを記入して配信ボタンを押せば、更新をメールで受信できます。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930